南っ子だより 第11号

令和2年9月23日発行

新型コロナウイルス対策 ・・・ マスク、手指消毒、換気を忘れず続けます!

「・・・東京都は16日、新たに163人の感染を発表。1週間平均の新規陽性者数は8日(火)を底にして、わずかながら増加に・・。」100人以上の感染が続いている現状でも、報道は最近、やや控えめになってきているように感じます。油断は禁物です。熱中症対策との両輪で、マスク着用等については時と場の対応が必要ですが、ウィズコロナ意識は忘れず今後も全教職員で注意していきます。

運動会まで あと3日!

▼▼ 朝の時間や業間休み、昼休みを使ってクラス毎の練習が進んでいます。歓声の質の高まりがそれを物語っています。当日までにどこまで仕上げられるか、本当に楽しみです。

今月の掲載内容

  • 「狩野川台風」について学ぶ
  • 栗拾いに行ってきました !
  • お知らせ

南っ子だより 第11号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第10号

令和2年9月7日発行

白露 (白露の候;はくろのこう 9/7~秋分)

朝夕、大気が冷えてくる時期になると草木に露がつき始め白く見える様子から、この時期、白露という時候のあいさつが使われるようです。自然の変化に敏感な日本人の感性を改めて素晴らしく感じます。
 夏の池クリーン作戦以来、右写真のようにザリガニやカエルには受難(!?)が続いています。子どもたちの中にも夢中になって、池にダイブしてしまう子も。ただ、笑顔と歓声により子どもたちの感性が磨かれていくのも確かに言えることだと感じるこの頃です。

2学期 学級委員の任命

9月1日(火)の朝会は、三密の状態をできる限り回避するよう心掛け体育館で行いました。1学期に出来なかった全校児童の前で任命式を行うためです。・・・・

今月の掲載内容

  • 運動会練習始まる!
  • 発育測定~保健指導を実施
  • 歯科検診
  • 避難訓練~地震想定~

南っ子だより 第10号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第9号

令和2年8月25日発行

残暑お見舞い申し上げます。

立秋(今年は8月7日)を過ぎると残暑という表現になりますが、一体、いつまでこの言葉を使うのかと思うようなこの頃です。保護者の皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。過日、PTA役員の方々や草取り隊の皆様方の協力を得て、子どもたちを学校に迎える準備が整いました。

2学期も 快調に スタート!

24日(月) 始業式。 2学期の滑り出しは、病気等で欠席する子どもが1人もいない好調な状態で始めることができました。教室を回っても、子どもたちの元気に活動する姿や真剣に行事等の準備、課題テスト等へ取り組む姿をみることが出来、感動すら覚えました。

今月の掲載内容

  • 運動会について・・・大切なお願いです!
  • 池クリーン作戦
  • 修善寺ノスタルジックロマン

南っ子だより 第9号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第8号

令和2年7月31日発行

梅雨明けはいつ?! 苦あれば楽あり!

平年の梅雨明けは7月21日頃です。2009年の梅雨明けこそ8月3日でしたが、それ以外は最近60年間、すべて7月中でしたので、今年はやはり特別な年なのかなと思います。
 大相撲で、かつて大関の位にいた照ノ富士は、度重なる怪我で序二段まで下がってしまいました。引退も考えたといいますが、くじけず、何年かぶりに、幕の内まで戻ってきて、今場所も活躍しています。ピンチはチャンス・・・強い思いを抱ける人ばかりではないでしょうが、苦あれば楽ありです。子どもたちには、コロナ禍で大変な思いをしている分、来週から始まる夏休みには大いにエンジョイして欲しいと思っています。

今月の掲載内容

  • ゴミ処理場の見学
  • 耳鼻科検診~少しずつ、確実に実施しています
  • 地区別集会・集団下校
  • CS~草取り隊の協力で
  • 決して油断をしない夏休みに!

南っ子だより 第8号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第7号

令和2年7月17日発行

夏草に負けまいと・・

日本の夏の特徴とは言え、高温多湿には悩まされる方も多いのではないでしょうか。道端や畑を見て、『元気なのは雑草だけだな』・・と、つい口に出てしまうことも。かつてプロ野球巨人軍や大リーグで活躍した上原浩治氏は「雑草魂」と言う言葉で自分と重ね合わせていました。雑草という名の草はありませんが、それらに学ぶことはたくさんありそうです。

授業の中の子どものようす

6年生の理科は、顕微鏡を使った学習です。カッターでホウセンカの幹を薄く輪切りにするところから奮闘が始まります。染色された組織を顕微鏡で見ている子のまなざしは真剣そのものでした。・・・・

今月の掲載内容

  • 保こ小連絡会~背筋を伸ばして!
  • 南っ子の新生活様式
  • <連絡・報告>

南っ子だより 第7号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第6号

令和2年7月6日発行

旬(しゅん)を知る!

魚介類や果物、野菜などの最も味のよい出盛りの時期や、最新である「もっとも旬な話題」など、旬は次の3通りの違った意味で使われることがあります。  1.季節を先取りするはしりと呼ばれるもの
2.収穫量がピークに当たる時期
3.素材がもっとも美味しい時期
3・4組の子どもたちのおかげで、インゲン豆の旬について確認できました。

体力アップ 始まる!

24日(水)、朝運動でドッチボールラリーが始まりました。南小の子どもたちがやや苦手としている投げる力を向上させる取組で、強いボールよりもコントロールスローを重視していきます。

今月の掲載内容

  • コミュニティ・スクール推進委員会
  • ある日の授業風景
  • 特技発表会~5年1組が企画し開催~
  • 報告連絡事項

南っ子だより 第6号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第5号

令和2年6月22日発行

熱中症対策も考えて!

コロナ禍収束のみえない中、熱中症対策も喫緊の課題です。こまめに水分補給する水筒はすでに毎日用意していただいていますが、教室のエアコンや扇風機を稼働させ、体育の時間はマスク着用せずに行うなど熱中症対策も実施しているところです。また、登下校時も長い時間歩く子もいますので、バスや電車の利用時以外は「1列で、お喋りせずに」を約束事としていることもあり、マスク着用はしなくても良いと呼びかけています。・・・・

なかよしタイム(結団式)

11日より仲良しグループ活動がスタートしました。その初日は、子どもたちそれぞれの自己紹介や活動場所、集合場所など活動の概要、担当教諭の紹介、そして縦割り清掃の場所や手順の確認など行いました。1年生を交えての始めてのゲームもどの班も楽しそうに行っていました。下の写真からも、子どもたちの笑い声が聞こえてくるようです。

今月の掲載内容

  • 縦割り清掃の大切さ
  • 新じゃが は いかが!
  • 2年生~サツマイモのつるさし & 野菜の栽培~
  • 3年生~学校の周りを探検!!~

南っ子だより 第5号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第4号

令和2年6月9日発行

梅雨入り・・・

梅雨入りは社会通念上・気象学上は春の終わりであるとともに夏の始まりとされ、いよいよ夏の始まりを感じる頃です。梅雨という名称は、この時期が梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、同じ音の「梅雨」に転じたという説等が有力だそうです。・・・・

委員長・学級委員の任命(2日)

任命式は初めて放送で行いました。ただし、最上級生だけはリーダーとして全校を引っ張って欲しいという思いを込めて、教室まで出向いて任命書を手渡しました。

今月の掲載内容

  • 6月の朝会
  • 視力検査~子どもの視力は生活習慣が守る!~
  • 令和2年度 PTA総会(書面決議)のご報告
  • 教育相談週間です!(8日~19日)
  • ダンゴムシ 見つけたよ!

南っ子だより 第4号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第3号

令和2年5月29日発行

登校時 ~フィジカルディスタンス・マスク・一列・・・~

長い休みが続いたので、しばらくは眠い目をこすりながら、危なっかしく歩くのかなと思いましたが、(子ども達には失礼ですが)意外にも登校リーダーを先頭に、しっかりとした足取りでの登校風景で安心しました。・・・・

学校再開! 子どもたちは・・

およそ3ヶ月ぶりの学校再開。少し見ないうちにも子どもたちのフィジカル面の成長が感じられました。これからの学校生活ではメンタル面・学習面での成長も目指し、修南小の学校教育目標「共に輝く たくましい 南っ子」をみんなで再認識していきたいと思います。仲間との笑顔あふれるふれ合いがベースになり、時には熱く、そして、輝く汗を流して!・・・・

今月の掲載内容

  • 学校花壇・・・花言葉を確認すると・・・
  • 給食も開始!
  • 地区別集会~集団下校
  • 臨時休業中に腕を上げた子どもたち!

南っ子だより 第3号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第2号(PDF版)ダウンロード


南っ子だより 第1号

令和2年4月10日発行

令和2年度が始まりました!・・・ が・・

入学式・始業式翌日から臨時休業となるようなスタートの令和2年度。そんな中でも修善寺南小学校はできる限りの安全安心体制を構築しながら着々と教育活動を進め、思い出深い1年としたいと思います。
 保護者の皆様には、昨年度同様のご支援をお願いいたします。

始業式~決意の言葉!

▼ 始業式では、各学級に、より良い集団づくりを進めて欲しいことから、私たちが遣う言葉には不思議な力「言霊」が宿っている旨の話をしました。▼ 自分が言った通りに良いことや悪いことを起こったり、自分の気持ちを無意識のうちに変えたりする不思議な力を意識して、▼自分や仲間に前向きな気持ちや思いのこもった優し▼く温かい言葉遣いをするよう呼びかけていきます。

今月の掲載内容

  • 令和2年度 学年・学級担任等の紹介
  • 始業式後の様子
  • 入学式を終えて
  • 臨時休業中の児童受け入れ

南っ子だより 第1号(PDF版)ダウンロード


令和元年度南っ子だより